パンレシピ◇パン生地◇計量

計量の方法

計量の方法TOP パン作りの基本@                  


    パンレシピパン生地作りの最初は材料の計量です。はかりは1g
    単位のデジタル式であれば使いがってもよくベストです。パン生地
    作りでは材料はすべてg単位で計ります。パンの仕上がりに差が出て
    くるので、きっちりと正確に計量することが大切です♪  
  


------------------------------ 計 量 の 方 法 ------------------------------



@ 作業前の準備  作業を始める1時間前に卵・バター・牛乳などを冷蔵庫から
 出しておく。
冷たいまま使用するとパン生地の温度が下がっ
 てしまう。イースト菌の発酵は35℃前後、生地温度が30℃
 前後がベストなので生地の温度を下げないことが大切。
A 計  量  計量はまず大き目のボウルに粉を計っていく。次に砂糖・
 スキムミルクなどを計る。
ごく少量のイースト菌や塩など
 の計量は下の小さい単位の計算を参考にしてください。
B 材料の温度  最後に入れる水は夏は常温で(室内の温度が高いため
 冬は35℃程度
に温めて使用します。生地の温度を下げ
 ないように注意します。

パンの小麦粉
小さい単位の計算
◇まず計りで1gを計る
   0.2gのとき・・・・・ 計った1gを 1/5する
   0.25gのとき・・・・・ 計った1gを 1/4する
   0.3gのとき・・・・・ 計った1gを 1/3強にする
手ごねの方法

TOPパン作りの基本@計量の方法手ごねの方法こね具合のランク発酵の方法ガス抜き(パンチ)
分割・ベンチタイム成形の方法最終発酵(ホイロ)焼成の方法
 パンの製法 パンの小麦粉
さらに詳しいパンの小麦粉
イースト菌の種類ハードパン天然酵母ベーカーズパーセント
油脂・食塩・砂糖etcパン失敗(ソフト系)
パン失敗(ハード系)パン失敗(型抜き)パン失敗(天然酵母)




  −姉妹サイト−
レーズンブレッドの生地バターサンドの生地テーブルロールの生地
簡単そうだけど奥が深いパン作り。うまくいかないときはココをチェック!パンこねの方法〜発酵〜焼きの手順まで。美味しく焼ける答えがあるかも知れません。。
パン作りの基本@
レースのコースタールームシューズハーブ石鹸
手作り大好きさんのHP。手作りルームシューズ、石鹸、小物作り・・など楽しみながら生活を豊かにしちゃいます。スポンジケーキはお店のケーキのようにフワフワに焼けますっ。
Happy◇幸せ◇レシピ
フリュイセックキャロットパンベーコンロール
パン屋さんのパンを焼く!リーンなパンからソフトなパンまで!!毎日食べたくなるレシピ。パン屋さんのパンがいっぱいです☆
毎日食べたいパン
屋さんのレシピ
簡単!豆大福簡単!いちご大福あんを包む 『包餡』
電子レンジ・オーブン、蒸し器を使って和菓子を作ります。季節の和菓子をお楽しみください!

簡単!手作り和菓子
焼きあがったパンでランチ ワインと焼き立てのパンで
-PR-


 HOME

Copyright (C)  パン作りの基本@All Rights Reserved